永住権なしでも組める住宅ローンについて勉強しました│不動産新人奮闘記

今回は、外国籍の方の住宅ローン借入方法について勉強しました。
永住権がなく住宅ローンが組めずに、困っている方に向けた審査のポイントを紹介します。
永住権を持っていない為住宅ローンを組めず、住宅購入を諦めてしまった方や、これから日本で住宅の購入を考えている方は、是非参考にしてください。

永住権

永住権とは、外国籍の方が滞在国に永住できる権利のことです。

取得方法

日本での永住許可の審査は厳しく、取得できるのは10年以上の在留資格が必要です。
①法律を守っていること。
②世帯単位で独立して生計が立てれること。
③日本での就労期間等、永住が有益であると認めてもらうこと。

※10年以上の在留期間がなくても、一定の条件を満たせば、特例により永住許可を得ることができる場合があります。

住宅ローンに永住権が必要な理由

住宅ローンは数千万単位という大きなお金が貸し出されるため、返済期間は20年から35年と言う長い年月が必要となります。
そのため、金融機関はその人が返済できるのかどうかを審査するために、年収や勤務年数などを調べます。
その中でも特に重要なのが、返済が終わるまで日本にいるのかどうか、『定住性』があるのかどうかが重要になってきます。

返済が終わらないまま自分の国に帰国されてしまっては、住宅ローンの回収が出来なくなってしまい金融機関も困るため、永住権の有無は非常に重要とされています。

永住権なしで住宅ローンを申込む方法

永住権なしで住宅ローンを申込む場合、審査が一般の住宅ローンとは違います。

永住権がない場合、日本の金融機関の一部は、日本人や、永住権を取得している配偶者が連帯保証人となることで住宅ローンを借入できる可能性があります。

例えば、自己資金を2割以上用意できることや、在留期間が一定の年数経過していること、勤続年数が一定以上になっていて安定した収入があること、といった条件などを満たすことが必要となります。
一定の条件を満たすことで、永住権がなくても、住宅ローンの審査を受けることができます。

永住権なしで、住宅の購入を検討される方はまず住宅ローンを組みやすい銀行を選ぶと良いでしょう。
また、自己資金をできるだけ多く用意することで借入額が減り審査に通りやすくなる場合もあります。

住宅ローンの主な審査内容

金融機関によって、審査内容は違いますが、一般的な審査内容をご紹介します。

・年齢
借入時と完済時の年齢制限があります。

・勤続年数
勤続年数は、短すぎると融資が受けれないことがあります。

・健康状態
返済途中で病気になったり、死亡して返済ができなくなるリスクを防ぐため、団体信用生命保険への加入が必要となります。健康に問題がある場合、団体信用保険に加入できず、住宅ローンの借入もできないことがあります。

・年収
一定以上の安定した年収が条件になっていることがほとんどです。
年収が多ければ、融資を受けやすくなります。

・居住年数
銀行によって違いますが、一定年数以上の居住年数の制限があります。

・他の借入金の有無
一般的な住宅ローンと同じく年収の3割~4割、返済に充ててよいと決められています。
他の借入がある場合、審査に通りずらかったり、借入上限が下がったりします。

本人が意思疎通できるか

一部の金融機関は、英語などの言語での接客をしていますが、ほとんどの場合、契約の手続きは日本語で行われるため、契約内容を日本語で聞いて理解することができないと融資を断られることが一般的です。

審査が通りやすい金融機関

各銀行の申込条件をまとめたものです。

イオン銀行

・20 歳以上 71 歳未満で、完済時の年齢が 80 歳 未満の方。
・団体信用生命保険に加入できる方。
・安定かつ継続した収入の見込める方。
(給与所得者の方は 6 カ月以上勤務していること。会社経営者および個人事業主の方 は事業開始後 3 年を経過していること。)
・日本語の読み書きができる方。
・住宅購入金額の 20%以上の自己資金を使用される方。

新生銀行

・20歳以上65歳以下で、完済時の年齢が80歳未満であること。
・団体信用生命保険に加入できる方。
・就業2年以上かつ、正社員又は契約社員である方。
・前年度年収が税込300万円以上の方。
・配偶者が日本国籍又は、永住許可を有し、連帯保証人となること。

東京スター銀行

・日本にお住まいの方。
・日本語の読み書きができる方。
・25歳以上65歳以下で、完済時の年齢が75歳以下の方。
・正社員として 1 年以上、または会社役員・自営業として 3 期以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方。
・税込年収 400 万円以上の方。

まとめ

今回は、永住権のない方の住宅ローンを借入するために必要なことや、借入することの難しさに触れました。
住宅ローン借入時の審査は厳しいですが、絶対に借入ができないことではありません。
購入を考えてるときに、不動産購入時の諸費用購入と賃貸を比較してみました等参考にしてください。

ご不明点等ございましたら、不動産会社や金融機関等へお問い合わせください。

神戸でマンションを探すなら、是非REAGENTをご活用ください。

TOANET株式会社

〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10番6号
TEL:078-232-3339
コーポレートサイト

 

Q&A

Q.外国籍で、永住権がありません。住宅ローンは借入できますか?

A.審査次第で借入ができます。

Q.永住権がないとき、どの金融機関でも条件次第では、住宅ローンの融資を受けられますか?

A.受け付けている金融機関で借入ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください