戸建とマンションのメリットとデメリット│現役営業マンが教えるシリーズ

マイホームを購入する際、一戸建てかマンションのどちらを選べば良いか悩む人も多いと思います。
今回は、購入後後悔しない為に、まずはそれぞれのメリット・デメリットを知り、検討するようにしましょう。

一戸建てのメリット

まずは一戸建てのメリットを説明します。一戸建てには、元々建築済の建売住宅や取得した土地の上にハウスメーカーに依頼し建てる注文住宅があります。

ランニングコストが抑えれる

戸建を購入すると月々のランニングコストがかかりません。
マンションを購入すると管理費・修繕積立金が月々かかってきます。

管理費とは、マンションの共用部分を快適に維持していくための費用です。管理費の内容は、主にゴミ置場や廊下などの清掃業務、エレベーターの電気代やメンテナンス、植物の手入れなどです。これらの業務を管理会社が行う為、管理費を毎月支払います。

修繕積立金は、建物の老朽化を防ぐ為の、大規模な修繕費として蓄えられる費用となります。
修繕積立金の内容は、主に外壁の塗り替えや配管設備の管理、防災用設備の修繕などです。多額の費用がかかるため、管理組合に毎月支払い、積み立てていく必要があります。

駐車場代がかからない

戸建の場合、所有の敷地に駐車場を設けることができます。
スペースさえ確保できれば、何台分でも停めることができます。また玄関から駐車スペースまでが近いこともメリットです。

庭を確保できる

戸建はマンションと違って庭を確保できる場合があります。
庭に憧れ、戸建てを希望する人も多いと思います。
庭があると、BBQ、プール、ブランコ、家庭菜園などワクワクするマイホーム生活が送れそうです。

音を気にしなくていい

マンションでは、上下左右の騒音問題をよく聞きますが、戸建の場合は、隣の住居から距離があるので、生活音が響きにくく、お子様がいるご家庭でも、周囲に気を遣うことが少ないのではないでしょうか。
また、戸建ては部屋数も多く、2階建て、3階建てであればフロアも隔てるため家族間のプライバシーを保ちやすいです。

ペットが飼える

マンションでは管理規約でペット飼育禁止のマンションがありますが、戸建では制限がないので安心して飼育が可能です。
また、騒音問題でご近所とのトラブルの可能性も低いです。

一戸建てのデメリット

次に戸建てのデメリットについて説明します。

居住する前に土地のローン返済がはじまる

土地を購入し、注文住宅を建てる際は土地の決済が終わってから着工となります。
そのため、建物の引渡しより先行して土地部分のローン返済が始まります。金融機関によって返済期間に猶予を設けてくれる場合もあるが、そうでない場合は家賃と二重の支払いになるので事前にしっかり確認しましょう。

維持するのに多額な費用がかかる

戸建ての最大のデメリットでもある、メンテナンスは自己責任ということです。
特に外壁や屋根が傷むと雨漏りの原因となり、平均10年に一度必要な外壁の塗り直しでは、100万円~200万円程度の費用(状況により異なります)が必要となります。
計画的に、費用を積み立てるなど工夫しましょう。

立地が悪い場合が多い

戸建てが多いエリアは、閑静な住宅街で子育てに良い環境です。主にバスやマイカーなどでの通勤、通学が必要な生活スタイルとなります。
神戸市中央区でも駅周辺には、商業施設やマンションが建てられており戸建となると、どうしても利便性には欠けるエリアになる場合がほとんどです。

セキュリティ制が欠ける

マンションに比べ、空き巣に狙われる可能性が高くなるといえます。
自身でホームセキュリティの契約をしたり、侵入防止の鍵、窓にするなどの対策が必要です。

マンションのメリット

修繕計画がしっかりしている

戸建てのメンテナンスは自身で行う必要がありますが、マンションの場合、月々修繕積立金として撤収されます。
それぞれの修繕計画に沿って共用部分などの改修が行われます。
資金を集め修繕を行うことで、マンションの価値が維持されます。逆に言うと、修繕計画がしっかりしたマンションを選び購入する必要があります。

セキュリティ性が高い

マンションであればエントランスのオートロック、エレベーターホールのロック、防犯カメラや管理人、住民の目があるので不審者が侵入しにくくセキュリティが高いです。
また、宅配ボックスの設置があるマンションでは、届いた荷物を対面なしで受け取ることができます。

立地がいい

マンションの一番の利点はなんといっても立地です。
交通の便がよい駅に近いマンションが数多く見受けられます。
神戸市中央区の三宮駅周辺においても、戸建は非常に少なく、マンションばかりです。

バリアフリーの物件も多い

最近の分譲マンションは小さいお子様から高齢者まで使いやすいデザインでつくられています。
エントランスにスロープがあったり、車いすの方でも簡単に利用できるエレベーターが設置されたりしています。

共用施設が充実してる

24時間利用可能なゴミステーションや宅配ボックス、来客時にも利用できるゲストルームといった実用性の高いものが人気です。

マンションのデメリット

ランニングコストがかかる

前記で説明した管理費・修繕積立金が月々かかってきます。
修繕積立金が安いマンションがあったとしても要注意です。マンションの築年数が古くなればなるほど修繕積立金が値上げされます。
理由は、修繕の際に費用が無いと、エレベーターやエントランス、外壁など改修を行うことができなくなってしまうからです。管理組合がきちんと機能しているかも含め、確認をしておきましょう。

駐車場代がかかる可能性がある

マンションの駐車場は、毎月駐車場代を納める賃貸式と、所有する分譲式があります。
分譲式の場合も管理費、修繕積立金が必要になります。
神戸市中央区の賃貸式では、月々約3万円程の費用がかかり、年単位で考えると大きな出費になります。

固定資産税が高くなる可能性がある

鉄筋コンクリート造であるマンションは減価償却期間が長い為、固定資産税評価額がなかなか下がりません。木造住宅の戸建に比べ固定資産税が高くなる可能性があります。

騒音の問題

最近のマンションは、防音の性能は上がっていますが、騒音を完全に防ぐのは難しいと思います。
マットを敷いたりの気遣いが大切になります。

まとめ

自由度が高い戸建て、利便性が良く便利なマンション。
自身のものさしで判断すべきものです。他人からすればメリットである部分も自分にはデメリットかもしれないですし、またその逆も考えられます。

大事なのは、自分がデメリットだと考える部分をどのように解消するかです。例えばマンションの騒音トラブルが心配なら、角部屋に住むなど対策方法はあります。
少しでも不安がありましたら、適当な解消方法をご提案させていただきます。是非TOANETへお気軽にご相談くださいませ。
お客様の不安を解消し、ニーズにあった物件探しをしてまいります。

神戸でマンションを探すなら、是非REAGENTをご活用ください。

TOANET株式会社

〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10番6号
TEL:078-232-3339
コーポレートサイト

  

Q&A

QTOANETさんはマンションのイメージが強いのですが、戸建の相談も可能ですか?

Aはい。
戸建の実績もございます。神戸市中央区以外の戸建のお取引もございますので、何なりとお申し付けくださいませ。

投稿者プロフィール

宮脇 平
宮脇 平営業
前職は、不動産とは全く関係のない業界で働いていました。 不動産業に従事する父の影響もあり、またお客様の一大イベントである「マイホームの購入」にお立合いしたいと思い不動産業界に転職致しました。
不動産の知識としてはまだまだ勉強中の身です。 ですが、お客様一人ひとりに誠心誠意、情熱と丁寧さを持って接する気持ちだけは誰にも負けません。 気軽に声がけできる、安心できる不動産パートーナーになるまで、日々邁進致します。
お客様にとって住宅購入は、「一生の記憶」に残る経験です。 そんな人生の一大イベントを通じて、お客様に幸福をご提案できる、「宮脇さんから買って良かった」と思ってもらえるそんな営業マンになり、その後も不動産の相談者として一生のお付き合いができればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください